セクシュアルマイノリティに関する基礎用語

こんにちは、シンです。
今回はセクシュアリティについて語る上でよく出てくる基礎的な用語の解説です。
他の記事を書くときにどこまで説明が必要かわからなくなってくるのでここで解説します。
もうみんな知っているかもしれないけど。

↓の記事に書いてある性別に関する単語はバンバン使っていくので、先に読むといいかも。
性には種類がある

・性自認

いわゆる「心の性」と呼ばれがちなやつ。自分で自分のことをどの性別だと認識しているか。

・性的指向

恋愛対象として見る相手の性別。
性的魅力を感じ相手の性別。
性的嗜好と間違われることがあるが、別の言葉である。

・性的嗜好

性的行動においてもつ特定の好みのこと。例えば、性的関心が身体の一部(手、足など)に向いていたり、特定の年齢層の相手に向いていたりする。
フェティシズム。

・レズビアン

女性として女性が好きな人。
レズという略は侮蔑的であるとされる。
ここでいう「女性として」というのは性自認の性別である。
そのため、性自認が女性、生物学的性が男性のトランスジェンダーで、かつ性的指向が女性に向いている人はレズビアンである。

・ゲイ

男性として男性が好きな人。
男性同性愛者のホモという呼称は侮蔑的であるとされる。

ゲイ(gay)という単語は本来「陽気な」という意味を持っており、ポジティブな自称として当事者の中から使われ出した。
英文ではgayという単語でレズビアンも含めた全ての同性愛者を指す言葉として使われていることもある。
manという単語を人類の意味で使ってしまうのと同じようなものだろうか。
それとも元々gayという単語は同性愛者という意味で、後で男性同性愛者に限定されたのだろうか。

・バイセクシュアル

男性、女性ともに恋愛対象である人。
両性愛。
性別にかかわらず同じような人がタイプな人もいれば、男性ならこういう人が好きだけど、女性だとまた違ったタイプの人が好き、など様々。

・トランスジェンダー

性自認と生物学的性別が異なる人。
トランスジェンダーというのはかなり広い範囲の人を含んでいる言葉で、同じトランスジェンダーを自認していても人によって状況がかなり異なる。
男性、女性という風に性別に垣根を設けずに全ての性別の人が性的指向に含まれる場合、パンセクシュアルという。
そのため、あえてバイセクシュアルという場合、男性、女性の二つの性別が性的指向に含まれていることを指すこともある。

・LGBT

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字を合わせたもの。
セクシュアルマイノリティの総称ではない。
さっきgoogleで検索したときに出てきたサイトで「LGBTはセクシュアルマイノリティの総称である」と書いてあったが、大きな間違いである。

LGBTという言葉は元々別のコミュニティとしてまとまっていたL,G,B,Tそれぞれが連帯して社会に立ち向かって行く際にできた言葉だ。
LGBTの4つがまとまったために頭数が増え、影響力が大きくなった半面、それぞれが抱える問題が違うのにも関わらず社会からひとまとめで扱われてしまうといった弊害もある。

・MtF(Male to Female)

男性として生まれ、性自認が女性の人(女性として生きる/生きたい人)
トランスジェンダー女性。

・FtM(Female to Male)

女性として生まれ、性自認が男性の人(男性として生きる/生きたい人)
トランスジェンダー男性。

新聞などでMtFの方をトランスジェンダーの”男性”と表現していたことがあったが、言語道断である。
MtFは女性だ。

・Xジェンダー

男女の枠にとらわれない性の人。女でも男でもなかったり、女でも男でもあったり、中性だったり、人によって様々である。
男性として生まれたXジェンダーをMtX, 女性として生まれたXジェンダーをFtMという。

・パス度

性別移行したトランスジェンダーの外見がどの程度性自認の性別として通用するかの度合い。
シスジェンダーの人と区別がつかないことを「完パス」と言う。

・埋没

性別移行したあと、カミングアウトすることなく、シスジェンダーのように振舞って生活すること。
パス度が高くないとできない。

・性同一性障害(GID)Gender Identity Disorder

身体的な性別に不快感、違和感などをもち、身体を変え、反対の性で生きることを強く望む。
トランスジェンダーとはまた別の概念であり、こちらは医学的な診断名である。
2001年から2003年にかけて放送された「3年B組金八先生」にて上戸彩さんが性同一性障害を抱える鶴本直役を演じ、話題になった。
現在では性別違和と名前が変わったが、金八先生で有名になったこともあり、こちらの名前で覚えている人も多い。

・性別適合手術(SRS)Sex Reassignment Surgery

性器を望みの性別に近づける手術。「オペ」「SRS」と言われることもある。
最初SRSって見たときは何のことかわからなかった。
かつては性転換手術と言われていたが、性転換というより、体の性を合わせる、適合させるという表現のほうが適切であるとされ、性別適合手術という名前になった。

とりあえずこんなもんだろうか。
基礎知識の中でも僕がブログの中で使いそうなもの、僕が思いついたものを書いているのでかなりトランスジェンダーのワードが多いよ。
今度は応用知識(?)も書きたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です